休日の振替と代休の違い

休日の振替と代休とがよく混同されて使われているケースがあります。ですが、実は法律的にはそれぞれ、次のように異なります。

 

休日の振替とは、本来は休日である日を労働日として変更し、その代わりに他の特定した労働日を休日にすることです。

この休日の振替を行うことにより、労働者が労働した休日は労働日となり、休日労働に対する割増賃金の支払いが不要になります。

 

代休とは、休日労働が行われた場合に、その代償として、その後の特定した労働日の労働義務を免除するものです。代休は振替休日とは異なり、労働者が労働を行った休日が労働日扱いになるわけではありません。

したがって、休日労働に対する割増賃金も必要となります。

 

休日の振替を行う場合は、「あらかじめ」休日とする日を特定することが必要になります。一方、代休を与える場合は「あらかじめ」休日とする日は特定する必要はありません。この点が、両者の手続き上の最大の相違点です。


休日の振替などの運用でお悩みの事業所様は、当事務所へお気軽にご相談ください。 

 労務に関することはおまかせ下さい!

 初回無料相談実施中

 まずは、お気軽にご相談ください。

 ☎059-253-7166

 お問い合わせはこちら 

 受付時間 平日9時~18時

 

 このサイトのトップページはこちら

行政書士・社会保険労務士

 にしむら労法務事務所  

三重県津市東丸ノ内13番18号

☎059-253-7166

対応エリア

【三重県】津市、松阪市、鈴鹿市、亀山市、伊勢市など三重県全域

にしむら労法務事務所運営サイト