夜勤を行う場合の仮眠時間

入院施設がある医療機関では、昼夜の二交代勤務または三交代勤務が行われています。


勤務シフトによっては夜間の勤務が15時間前後といった極めて長い勤務となることがあります。

 

しかしながら、夜勤の勤務時間中、そのすべての時間が患者対応等に追われているわけではありません。あらかじめ決められた時間の見回りや突発的業務を除いては仮眠時間として休憩時間が付与されることがあります。

 

しかし、仮眠時間というのは、使用者(院長)の指揮命令から完全に開放されたわけではありません。少なからずの緊張感を持ちながら仮眠をすることになり、労働から完全に開放された休憩と扱うには無理がありますので労働時間として考えなければなりません。

労務に関することはおまかせ下さい!

 初回無料相談実施中

 まずは、お気軽にご相談ください。

 ☎059-253-7166

 お問い合わせはこちら 

 受付時間 平日9時~18時


 このサイトのトップページはこちら


行政書士・社会保険労務士

 にしむら労法務事務所  

三重県津市東丸ノ内13番18号

☎059-253-7166

対応エリア

【三重県】津市、松阪市、鈴鹿市、亀山市、伊勢市など三重県全域

にしむら労法務事務所運営サイト