メンタルヘルスに関する労務問題

多くの医療機関では、特に絶対的な「人手不足」状態にある医師・看護師について、人手不足から生じる過重労働、健康に不安を感じながらの夜勤や交代制勤務、休憩時間や有給の取りにくい環境、勤務前後のサービス残業、などが常態化していおり、非常に厳しい労働環境であるといえます。

 

医療業では離職率が高いことに加えて、精神疾患による休職者が発生しているところでは診療にも影響を及ぼしかねません。

 

医療現場におけるメンタルヘルス対策を考える上で特に重要なことは、管理職・主任クラスが「うつ」や他の精神疾患についてきちんと理解するということです。

 

適正な労務管理

極度の長時間労働は、それ自体が、うつ病などの発生率を高める要因になります。働きすぎを防止し、過度なストレスがかからないような労務管理を行う必要があります。そのためには、日々の勤怠管理や現場の問題を定期収集する仕組みが必要となります。

 

また、職員がうつ病を発症してしまった場合、発症原因がどこにあるのか、職場ではどのような支援が必要なのかを適時検討することが必要です。

 

労務に関することはおまかせ下さい!

 初回無料相談実施中

 まずは、お気軽にご相談ください。

 ☎059-253-7166

 お問い合わせはこちら 

 受付時間 平日9時~18時

 

 このサイトのトップページはこちら

行政書士・社会保険労務士

 にしむら労法務事務所  

三重県津市東丸ノ内13番18号

☎059-253-7166

対応エリア

【三重県】津市、松阪市、鈴鹿市、亀山市、伊勢市など三重県全域

にしむら労法務事務所運営サイト