就業規則

「会社の物を従業員が勝手に自分の物にしてしまった…」「遅刻ばかり繰り返す従業員がいる…」そこで、そんな従業員に何かペナルティーを与えたい。

しかし、労働基準監督署などへ聞きに行ったら、就業規則がない、または、就業規則にそれに関することが書いてないと「ペナルティーは与えてはいけませんよ」と言われた…

そんな、納得のいかない経験をされた経営者の方が、たくさんいらっしゃると思います。

そして、私どももそのようなお話をよく耳にいたします。 

 

そもそも、就業規則とは労働時間や休日、賃金などの労働条件やその会社の従業員として守るべきことを文書化し、定めたルールです。 また、「就業規則なんか作ったら会社が潰れてしまう」と思われている経営者さまもいらっしゃるかも知れませんが、それは大きな間違いです。

 

繰り返しにもなりますが、就業規則とは「従業員として守るべきこと」を定めたルールです。

 

また、常時10人以上の従業員を使用する事業場では、就業規則を作成し、労働基準監督署への届出をするように労働基準法と言う法律で決められています。(常時10人以上とは、正社員、パート社員、アルバイト社員等を含めた数字です。)そして、事業場単位での作成が必要です。事業場単位と言うのは、例えば、支店や営業所があればそこでもそれぞれで作成し届出が必要です。

 

社会保険労務士にしむら労法務事務所では、それぞれの事業所さまの業種、規模、実態、そして経営者さまのお考えを反映させ、まじめに働いている従業員さんが活躍でき、事業所の発展「貢献」する、就業規則を経営者とご一緒に作成させていただきます。 

 

 

労務に関することはおまかせ下さい!

 初回無料相談実施中

 まずは、お気軽にご相談ください。

 ☎059-253-7166

 お問い合わせはこちら 

 受付時間 平日9時~18時


 このサイトのトップページはこちら


行政書士・社会保険労務士

 にしむら労法務事務所  

三重県津市東丸ノ内13番18号

☎059-253-7166

対応エリア

【三重県】津市、松阪市、鈴鹿市、亀山市、伊勢市など三重県全域

にしむら労法務事務所運営サイト