就業規則の必要性

就業規則は、労務トラブルの多くを防ぐのに大変効果があると、社会保険労務士にしむら労法務事務所では考えています。

  

それは就業規則で、従業員の労働条件や就業のルールを明確に定めることで労務トラブルの多くを防げるからです

  

実際、労務トラブルが起こる現場では、「言った」「言わない」とか、「労働条件がどうなっているのか全然分からない」といったものが、積もりにつもって、ある日それが突然爆発し労務トラブルに発展する…といったことが結構多いのです。

つまり、これらの多くのケースでは労働条件や就業のルールを定めた就業規則が作成されていなかったり、会社を設立した時に作ってそのままの状態であったりで現在の状況に対応しきれていない、などの原因で労務トラブルを起きてしまっているのです。

これらと同様に、どこからかひな形を引っ張り出して来て作った就業規則も大変危険です。

 

このような事をしているというのは、言い換えれば会社自らがトラブルの種をまいているのと同じことです。

 

また、従業員の中には色々な人がいます。中には、「社会人としてどうなの?」と首をかしげたくなるような人もいるのも事実です。そんな人のせいで、会社を始め、他のまじめにやっている従業員の人たちまでが振り回されたり、トラブルを起こされたりしてはたまったものではありません。

 

そこで、就業規則には労働条件就業上のルールに加えて、「やってはならないこと」「やるべきこと」を定めた、服務規定も定めておく必要があります。

 

しっかりと就業規則を整備して、それを定期的に見直すだけで、労務トラブルの多くは防ぐことができます。

 

  社会保険労務士にしむら労法務事務所では、それぞれの事業所さまの業種、規模、実態、そして経営者さまのお考えを反映させ、まじめに働いている従業員さんが活躍でき、事業所の発展「貢献」する、就業規則を経営者とご一緒に作成させていただきます。

 

労務に関することはおまかせ下さい!

 初回無料相談実施中

 まずは、お気軽にご相談ください。

 ☎059-253-7166

 お問い合わせはこちら 

 受付時間 平日9時~18時


 このサイトのトップページはこちら


       

行政書士・社会保険労務士

 にしむら労法務事務所  

三重県津市東丸ノ内13番18号

☎059-253-7166

対応エリア

【三重県】津市、松阪市、鈴鹿市、亀山市、伊勢市など三重県全域

にしむら労法務事務所運営サイト