就業規則の記載事項

労働基準法では、就業規則に記載する項目として、次の3つを定めています。

①必ず記載しなければならない事項(絶対的必要記載事項)

  1. 始業・終業の時刻、休憩時間、休日、休暇、交代勤務の就業時転換に関する事項
  2. 賃金(臨時の賃金等を除く)の決定、計算および支払の方法、賃金の締め切りおよび支払の時期、ならびに昇格に関する事項
  3. 退職に関する事項(解雇の事由を含む)

②定めがあれば記載しなければならない事項(相対的必要記載事項)

  1. 退職手当の適用される労働者の範囲、退職手当の決定、計算および支払の方法、ならびに退職手当の支払いの時期に関する事項
  2. 臨時の賃金等(退職手当を除く)、および最低賃金額に関する事項
  3. 労働者の食費、作業用品その他の負担に関する事項
  4. 安全衛生に関する事項
  5. 職業訓練に関する事項
  6. 災害補償および業務外の傷病扶助に関する事項
  7. 表彰・制裁の種類および程度に関する事項
  8. その他、当該事業場の労働者のすべてに適用される定めをする場合においては、これに関する事項

③記載するかどうか完全に事業所に任されている事項(任意的記載事項)

 その他、各社で自由に定めてもよい事項、総則など

就業規則を作成、見直しをするにあたっては、それぞれの記載事項が上記の3種類のどれに該当するか、また、絶対的必要記載事項や相対的必要記載事項に漏れはないかに注意して行う必要があります。

労務に関することはおまかせ下さい!

 初回無料相談実施中

 まずは、お気軽にご相談ください。

 ☎059-253-7166

 お問い合わせはこちら 

 受付時間 平日9時~18時


 このサイトのトップページはこちら


              


行政書士・社会保険労務士

 にしむら労法務事務所  

三重県津市東丸ノ内13番18号

☎059-253-7166

対応エリア

【三重県】津市、松阪市、鈴鹿市、亀山市、伊勢市など三重県全域

にしむら労法務事務所運営サイト